Loading...
サムネイル画像

ソニー生命調べ 目標にしたい先輩のイメージに合う男性有名人 1位「大谷翔平さん」2位「櫻井翔さん」

社会人1年目と2年目の意識調査2024

ソニ-生命保険株式会社

このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 髙橋 薫)は、2024年3月8日~3月13日の6日間、2024年春(4月)から働き始める社会人1年生、または、就職してから1年が経つ社会人2年生で20~29歳の男女に対し、今年で11回目となる「社会人1年目と2年目の意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


[アンケート調査結果]

  • 社会人1年生が希望する初任給の使いみちは? 1位「貯蓄」2位「生活費」3位「自分にちょっと良い物を買う」
  • 社会人2年生に聞いた実際の初任給の使いみち 「友人と飲み会・食事会を楽しむ」がTOP5にランクイン

2024年春(4月)から働き始める社会人1年生500名と、就職してから1年が経つ社会人2年生500名に、社会人1年目のお金の使い方について質問しました。


はじめに、社会人1年生(500名)に、初任給はどのようなことに使いたいか聞いたところ、「貯蓄に回す」(39.8%)が最も高くなりました。貯蓄して今後の生活や将来に備えたいと考えている人が多いようです。次いで高くなったのは、「生活費(食費など)に充てる」(30.6%)、「自分にちょっと良い物を買う」(25.4%)、「親への贈り物を買う」(24.4%)、「親をご馳走につれていく」(21.4%)でした。


次に、社会人2年生(500名)に、初任給はどのようなことに使ったか聞いたところ、「貯蓄に回す」(32.2%)が最も高くなり、「自分にちょっと良い物を買う」(26.8%)、「生活費(食費など)に充てる」(24.8%)、「親への贈り物を買う」(20.8%)、「友人と飲み会・食事会を楽しむ」(20.4%)が続きました。


社会人1年生と2年生の回答を比較すると、「貯蓄に回す」は社会人1年生では39.8%と、社会人2年生(32.2%)と比べて7.6ポイント高くなりました。また、「友人と飲み会・食事会を楽しむ」は社会人2年生では20.4%と、社会人1年生(15.6%)と比べて4.8ポイント高くなりました。社会人2年生には、2023年5月の新型コロナ5類移行後、それまで控えていた飲み会や食事会の機会を増やした人が多いのかもしれません。


  • 社会人1年目に「身だしなみ」にかけた金額は平均48,429円、昨年調査から6,219円増加
  • 社会人1年目に「自己投資」にかけた金額は平均25,295円
  • 社会人1年目に「プライベートな付き合い」にかけた金額は平均202,990円、昨年調査から10,458円減少
  • 社会人1年目に「実家に入れた金額」は平均153,888円

社会人2年生(500名)に、社会人1年目の生活でかかったお金について質問しました。


かかった金額の平均をみると、≪身だしなみ(スーツ・化粧品など)≫では48,429円、≪自己投資(資格取得、セミナー参加、書籍購入など)≫では25,295円、≪プライベートな付き合い・交際≫では202,990円、≪実家に入れた金額≫では153,888円となりました。

男女別にみると、かかった金額の平均は、≪プライベートな付き合い・交際≫では男性193,752円、女性212,228円と、男性と比べて女性のほうが18,476円高くなり、≪実家に入れた金額≫では男性162,328円、女性145,448円と、女性と比べて男性のほうが16,880円高くなりました。


昨年の調査結果と比較すると、かかった金額の平均は、≪身だしなみ(スーツ・化粧品など)≫では2023年42,210円→2024年48,429円と6,219円増加しました。2023年5月の新型コロナ5類移行に伴い、テレワークから出社勤務への勤務形態の変更が増加し、スーツや化粧品にお金をかける人が増えたのではないでしょうか。他方、≪プライベートな付き合い・交際≫では2023年213,448円→2024年202,990円と10,458円減少しました。物価上昇の影響で、交際費への出費を抑えた人が増えたのかもしれません。


  • 社会人1年目に貯蓄した金額 平均49万円
  • 社会人2年生の30歳時点の目標貯蓄額 平均986万円、昨年調査から198万円増加

社会人2年生(500名)に、貯蓄や収入について質問しました。


社会人1年目の生活で貯蓄した金額を聞いたところ、「10万円未満」(17.0%)や「50万円~100万円未満」(19.4%)、「100万円以上」(23.8%)に回答が分かれ、平均は49万円となり昨年の調査結果と同じ金額でした。


30歳時点の目標貯蓄額を聞いたところ、「1000万円~2000万円未満」(20.6%)や「500万円~600万円未満」(16.2%)に回答が集まり、平均は986万円となりました。

昨年の調査結果と比較すると、目標貯蓄額の平均は、2023年788万円→2024年986万円と198万円増加しました。止まらない物価上昇を背景とした、新社会人2年生の生活防衛意識の高まりが垣間見える結果となりました。


  • 社会人2年生の30歳時点の目標年収 平均647万円
    男性では平均705万円、昨年調査から147万円増加
    女性では平均588万円、昨年調査から107万円増加

社会人2年生(500名)に、30歳時点の目標年収を聞いたところ、「500万円~600万円未満」(25.0%)に多くの回答が集まったほか、「300万円~400万円未満」(13.4%)や「400万円~500万円未満」(16.2%)、「1000万円以上」(13.8%)にも回答が集まり、平均は647万円となりました。

男女別にみると、平均は男性705万円、女性588万円と、男性のほうが117万円高くなりました。

昨年の調査結果と比較すると、男性では2023年558万円→2024年705万円と147万円増加し、女性では2023年481万円→2024年588万円と107万円増加しました。


  • 「出世したいと思わない」社会人1年生44%、社会人2年生53%

出世に関する意識について質問しました。

全回答者(1,000名)に、将来、どの役職まで出世したいか聞いたところ、「課長」が12.4%、「部長」が18.4%、「役員」が13.7%、「社長」が7.3%で、合計した『出世したい(計)』は51.8%となり、「出世したいと思わない」は48.2%でした。

年次別にみると、『出世したい(計)』は社会人1年生56.4%、社会人2年生47.2%、「出世したいと思わない」は社会人1年生43.6%、社会人2年生52.8%となりました。

また、年次・男女別にみると、社会人2年生の女性では「出世したいと思わない」が63.6%と、他の層と比べて高くなりました。1年間働いてみて、管理職以上の人のような働き方は自分には難しいと感じた人や、出世することよりもワークライフバランスを大切にした働き方をしていきたいと考えるようになった人が多いのではないでしょうか。


  • 社会人2年生が、社会人1年目に驚いたこと
    1位「手取り額が少ない」2位「人間関係が大変」3位「謎のルール・決まりごとがある」

社会人2年生(500名)に、社会人1年目に驚いたことを聞いたところ、「手取り額が少ない」(24.4%)が最も高くなりました。給与の額面に対し、実際に手元に入る額が思いのほか少ないと感じた人が多いのではないでしょうか。次いで高くなったのは、「人間関係が大変」(18.8%)、「謎のルール・決まりごとがある」(18.0%)、「理不尽なことが多い」(17.6%)、「仕事量が多い」(16.8%)でした。職場の人間関係の難しさや独特のルールにびっくりした人は少なくないようです。

男女別にみると、「手取り額が少ない」(男性20.8%、女性28.0%)は、男性と比べて女性のほうが5ポイント以上高くなりました。また、「無駄な慣習がある」(男性18.4%、女性10.8%)と「ビジネス用語・専門用語が多い」(男性19.6%、女性8.4%)は、女性と比べて男性のほうが5ポイント以上高くなりました。


  • “スマホやタブレットでメモ”は「アリ」 社会人1年生・2年生の7割強
  • “メールやLINEで遅刻・欠勤連絡”は「アリ」 社会人1年生・2年生の約7割
  • “必要もないのに残業をしている” 社会人1年生・2年生の7割半が「ナシ」と回答
  • “テレワーク開始直前まで熟睡” 社会人1年生・2年生の6割強が「アリ」と回答

社会人1年生・2年生は、社会人としての“常識”について、どのような意識を持っているのでしょうか。


全回答者(1,000名)に、職場での行動について、それぞれ社会人として「アリ」だと思うか、「ナシ」だと思うかを聞きました。

≪メモをスマホやタブレットでとる≫では「アリ」は71.2%、「ナシ」は28.8%、≪遅刻・欠勤連絡をメールやLINEでする≫では「アリ」は67.2%、「ナシ」は32.8%となりました。


≪必要もないのに残業をしている≫では、「アリ」は25.0%、「ナシ」は75.0%となりました。

また、≪有給休暇を付与年度内に(ほぼ)全て消化する≫では、「アリ」は73.1%、「ナシ」は26.9%となりました。有給休暇を全て消化することを肯定的に捉える人が多いようです。


続いて、テレワーク時の行動について、それぞれ社会人として「アリ」だと思うか、「ナシ」だと思うかを聞きました。

≪テレワーク開始直前まで熟睡する≫では、「アリ」は62.8%、「ナシ」は37.2%となりました。テレワークが始まる直前まで熟睡していることは許容範囲だとする意見が多数派でした。

また、≪下半身だけパジャマ姿でオンライン会議に出席する≫では、「アリ」は65.8%、「ナシ」は34.2%となりました。3人に2人がカメラに映る上半身だけ身だしなみを整えればよいと考えているようです。


  • 「完全テレワーク」と「完全出社」、どちらを選びたい? 社会人1年生・2年生の約半数が「完全出社」を希望
  • 「居住地域制限がないテレワーク制度を利用したい」社会人1年生・2年生の7割半

全回答者(1,000名)に、働き方について2つの選択肢を提示し、希望を聞きました。

まず、「完全出社」か「完全テレワーク」か、どちらか一方の働き方を選ぶならどちらを選ぶか聞いたところ、「完全出社」は51.9%、「完全テレワーク」は48.1%と、両者が拮抗する結果となりました。

昨年の調査結果と比較すると、「完全出社」と回答した人の割合は、2023年54.7%→2024年51.9%と2.8ポイント下降しました。


次に、「居住地域制限がないテレワーク制度(※)」を勤務先が導入したら利用したいか聞いたところ、「利用したいと思う」は74.1%、「利用したいと思わない」は25.9%となりました。

社会人2年生の回答をテレワーク経験の有無別にみると、「利用したいと思う」と回答した人の割合は、テレワークをすることがあった人では79.8%と、なかった人(65.7%)と比べて14.1ポイント高くなりました。

※居住地域は制限されない。通常はテレワーク勤務。出社が必要な際は、新幹線や高速バス、飛行機の利用が認められ、日本国内からであれば交通費は上限なく支給されるものとして聴取。


  • 社会人2年生が、社会人1年目に経験したことTOP3
    「ミスをして頭が真っ白に」「学生時代に戻りたくなる」「電話対応が上手くできない」、
    女性では「同期と愚痴の言い合いで盛り上がる」が高い割合に

社会人2年生は、社会人1年目にどのような経験をしたのでしょうか。


社会人2年生(500名)に、社会人1年目に経験したことを聞いたところ、「ミスをして頭が真っ白になる」(31.0%)が最も高くなりました。不慣れな仕事で失敗し、気が動転してしまった人が多いのではないでしょうか。次いで高くなったのは、「学生時代に戻りたくなる」(28.6%)、「電話対応が上手くできない」(28.0%)、「自己紹介で緊張する」(27.2%)、「ビジネス用語や専門用語に戸惑う」(27.0%)でした。

男女別にみると、「同期と愚痴の言い合いで盛り上がる」(男性16.8%、女性23.6%)は、男性と比べて女性のほうが5ポイント以上高くなりました。同期入社の同僚と愚痴をこぼし合ううちに、止まらなくなってしまった人が多いのではないでしょうか。「会社の独自ルールに驚く」(男性25.6%、女性14.4%)は、女性と比べて男性のほうが10ポイント以上高くなりました。


  • 社会人1年生・2年生が一緒に働きたいと思う、好きな先輩・上司の特徴TOP3
    「教え方がうまい」「指示が的確」「思いやりがある」

社会人1年生・2年生の先輩・上司に対する意識について質問しました。


全回答者(1,000名)に、一緒に働きたいと思う、好きな先輩・上司の特徴を聞いたところ、「教え方がうまい」(44.9%)が最も高くなりました。社会人1年生・2年生には、仕事をわかりやすく教えてくれる上司が人気のようです。次いで高くなったのは、「指示が的確」(43.4%)、「思いやりがある」(43.0%)、「誰にでも分け隔てなく接する」(41.3%)、「褒め方がうまい」(40.5%)でした。

男女別にみると、「思いやりがある」(男性37.2%、女性48.8%)、「誰にでも分け隔てなく接する」(男性35.2%、女性47.4%)、「褒め方がうまい」(男性34.6%、女性46.4%)は、男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。


  • 社会人1年生・2年生が一緒に働きたくないと思う、嫌いな先輩・上司の特徴TOP3
    「いつもイライラしている」「口を開けば悪口・嫌味ばかり」「相手によって態度を変える」

全回答者(1,000名)に、一緒に働きたくないと思う、嫌いな先輩・上司の特徴を聞いたところ、「いつもイライラしている」(47.1%)が最も高くなりました。常に不機嫌そうな先輩・上司には好感を持てないという社会人1年生・2年生が多いようです。次いで高くなったのは、「口を開けば悪口・嫌味ばかり」(42.9%)、「相手によって態度を変える」(39.8%)、「自分の間違いを認めない」(38.3%)、「指示がコロコロ変わる」(36.9%)でした。

男女別にみると、「いつもイライラしている」(男性41.6%、女性52.6%)、「口を開けば悪口・嫌味ばかり」(男性37.4%、女性48.4%)、「相手によって態度を変える」(男性34.4%、女性45.2%)、「他人の粗探しばかりする」(男性30.8%、女性40.8%)は、男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。


  • 社会人1年生・2年生のやる気をアップさせる先輩のセリフ
    1位「君がいて助かった、ありがとう」2位「本当によく頑張った」3位「何でも相談してね」

全回答者(1,000名)に、落ち込んでいるとき(仕事上で失敗したときなど)に、先輩社会人に言われたら、やる気に火がつくセリフを聞いたところ、「君がいて助かった、ありがとう」(34.0%)が最も高くなりました。感謝の気持ちを言葉で伝えられると、モチベーションがアップするという人が多いようです。次いで高くなったのは、「本当によく頑張った」(26.6%)、「何でも相談してね」(25.7%)、「一緒に乗り越えよう」(22.8%)、「よくそこまでできたね」(16.3%)でした。

男女別にみると、「君がいて助かった、ありがとう」(男性29.4%、女性38.6%)、「本当によく頑張った」(男性21.8%、女性31.4%)、「何でも相談してね」(男性20.8%、女性30.6%)は、男性と比べて女性のほうが約10ポイント高くなりました。


  • 社会人1年生・2年生のやる気を奪う先輩のセリフ
    1位「この仕事向いてないんじゃない?」2位「もういいよ、別の人にお願いする」3位「私が若いころは」

全回答者(1,000名)に、先輩社会人に言われたら、やる気が奪われてしまうセリフを聞いたところ、「この仕事向いてないんじゃない?」(29.6%)が最も高くなりました。適性を否定するような言葉を投げかけられると、努力する意味や目的を見失ってしまう人が多いのではないでしょうか。次いで高くなったのは、「もういいよ、別の人にお願いする」(22.9%)、「私が若いころは○○だったのに」(21.5%)、「やる気ある?」(18.9%)、「前にも言ったと思うんだけど?」(17.6%)でした。

男女別にみると、「女/男だからしょうがないね」(男性9.6%、女性19.8%)は、男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。


  • 目標にしたい先輩のイメージに合う男性有名人 1位「大谷翔平さん」2位「櫻井翔さん」
  • 目標にしたい先輩のイメージに合う女性有名人 1位「天海祐希さん」2位「水卜麻美さん」

全回答者(1,000名)に、職場の先輩や同期のイメージに合う有名人について質問しました。


目標にしたい先輩のイメージに合う有名人を聞いたところ、男性有名人では1位「大谷翔平さん」、2位「櫻井翔さん」、3位「内村光良さん」となりました。メジャーリーグの大舞台で大記録を次々と打ち立てている大谷翔平さんを、目指すべき先輩像と考えている人が多いようです。

男女別にみると、男性回答、女性回答いずれも1位は「大谷翔平さん」でした。男性回答の2位は「阿部寛さん」、3位は「内村光良さん」「櫻井翔さん」、女性回答の2位は「櫻井翔さん」、3位は「内村光良さん」でした。


女性有名人では1位「天海祐希さん」、2位「水卜麻美さん」、3位「新垣結衣さん」「有村架純さん」「石原さとみさん」「北川景子さん」でした。

男女別にみると、女性回答の1位は「水卜麻美さん」でした。


  • 一緒に頑張りたい同期のイメージに合う男性有名人TOP3 「高橋文哉さん」「鈴木福さん」「菊池風磨さん」
  • 一緒に頑張りたい同期のイメージに合う女性有名人TOP3 「永野芽郁さん」「橋本環奈さん」「広瀬すずさん」

一緒に頑張りたい同期のイメージに合う有名人を聞いたところ、男性有名人では1位「高橋文哉さん」、2位「鈴木福さん」、3位「菊池風磨さん」となりました。

男女別にみると、男性回答では「鈴木福さん」が1位でした。子役としてブレイクし、現在は情報番組やバラエティでも活躍している鈴木福さんと一緒に働きたい男性が多いようです。女性回答では“なにわ男子”の「道枝駿佑さん」がTOP3にランクインしました。


女性有名人では1位「永野芽郁さん」、2位「橋本環奈さん」、3位「広瀬すずさん」となりました。

男女別にみると、女性回答の3位は「今田美桜さん」でした。


■調査概要■

調査タイトル:社会人1年目と2年目の意識調査2024

調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする2024年春(4月)から働き始める社会人1年生、または、就職してから1年が経つ社会人2年生で20~29歳の男女

調査期間:2024年3月8日~3月13日

調査方法:インターネット調査

調査地域:全国

有効回答数:1,000サンプル(有効回答から社会人1年目と2年目を均等に抽出)

調査協力会社:ネットエイジア株式会社


トピックスアイコン トピックス

新着プレスリリース

連合調べ 「“年収の壁”を理解していない」56.4%

日本労働組合総連合会

2024年05月14日 11時03分

PGF生命調べ 還暦以降の就労意向 「60歳以降も働きたい」働く還暦人の8割半 60歳を過ぎても働きたいと思う理由 1位「働かないと生活費が不足するから」

プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社

2024年05月09日 10時05分

スカパー! 調べ 「テレビ放送で新たな興味を発見」72%が経験

スカパーJSAT株式会社

2024年04月25日 11時33分

スカパー! 調べ 子育て卒業後のエンタメの楽しみ方 「昔好きだったものを再度楽しみたい」74%、「新しく好きなものを見つけて楽しみたい」81%

スカパーJSAT株式会社

2024年04月23日 13時12分

ジブラルタ生命調べ 今年、応援したいアスリート 男性アスリートでは「大谷翔平さん」がダントツ、女性アスリートでは1位「平野美宇さん」

ジブラルタ生命保険株式会社

2024年04月19日 14時39分

ソニー生命調べ 目標にしたい先輩のイメージに合う男性有名人 1位「大谷翔平さん」2位「櫻井翔さん」

ソニ-生命保険株式会社

2024年04月18日 15時02分

マルハニチロ調べ 回転寿司店でよく食べるネタ 「サーモン」が13年連続1位

マルハニチロ株式会社

2024年03月25日 13時05分

スカパーJSAT調べ 「宇宙ごみが問題になっていること」の認知率は59%

スカパーJSAT株式会社

2024年03月25日 11時25分

ソニー損保調べ はじめてのマイカーに選んだ車 1位「N-BOX」2位「タント」3位「アクア」 男性回答1位「フィット」、女性回答1位「N-BOX」「タント」

ソニー損害保険株式会社

2024年03月19日 10時28分

ILACY(アイラシイ)調べ 紫外線対策サプリメントの購入にかけてもよいと思う金額 平均は1,152円/月、10代女性では1,284円/月

株式会社アドバンスト・メディカル・ケア

2024年03月14日 11時11分

ソニー生命調べ 小学生から社会人になるまでに必要な教育資金 平均予想金額は1,439万円、調査開始以来の最高額を再び更新する結果に

ソニ-生命保険株式会社

2024年03月12日 15時01分

連合調べ 「“ワークルール検定”を知っている」19.8% 知ったきっかけ 1位「SNSを見て」2位「会社もしくは職場の人に勧められて」

日本労働組合総連合会

2024年03月07日 11時02分

学研教育総合研究所調べ 受験する高校を選ぶ際に重視したいこと 1位「自宅からの距離」2位「偏差値」3位「学校の教育方針」 子ども自身の回答では「部活動」、保護者の回答では「学費」が4位

株式会社学研ホールディングス

2024年02月29日 12時32分

ホンダアクセス調べ ドライブデートで聞きたい曲 Z世代の1位「怪獣の花唄」、X世代の1位「中央フリーウェイ」

株式会社ホンダアクセス

2024年02月29日 11時36分

スパークス・アセット・マネジメント調べ 「資産所得倍増プランによって日本の経済が活性化する」と投資家の54%が予想

スパークス・アセット・マネジメント株式会社

2024年02月13日 10時03分