Loading...
サムネイル画像

ホンダアクセス調べ ドライブデートで聞きたい曲 Z世代の1位「怪獣の花唄」、X世代の1位「中央フリーウェイ」

クルマを持っているZ世代・X世代のドライバー1,000人に聞いた「Z世代とX世代のクルマ・ドライブに関する意識・実態調査2024」

株式会社ホンダアクセス

Honda車をさらに魅力的・快適・安全にする純正アクセサリーを提供している株式会社ホンダアクセス(所在地:埼玉県新座市)は、クルマを持っており、運転することがあるZ世代とX世代(※)のドライバー1,000人に対し「Z世代とX世代のクルマ・ドライブに関する意識・実態調査2024」をインターネットリサーチで実施しました。(調査日:2024年1月19日~1月22日、調査協力機関:ネットエイジア株式会社)
※1996年~2005年生まれの人をZ世代、1960年~1979年生まれの人をX世代とした。


[調査結果]

≪Z世代・X世代のクルマの運転・ドライブ≫

  • クルマの利用目的 Z世代・X世代ともに「買い物」が1位に
    2位はZ世代では「遊び」、X世代では「家族の送迎」
クルマを持っており、運転することがあるZ世代とX世代の男女1,000名(全回答者)に、クルマの運転やドライブについて質問しました(※)。

※1996年~2005年生まれの人をZ世代、1960年~1979年生まれの人をX世代とした。

はじめに、どのような目的でクルマを利用しているか聞いたところ、Z世代(500名)・X世代(500名)ともに「買い物」(Z世代72.0%、X世代86.4%)が最も高くなりました。日々の買い物の足としてクルマを利用している人が多いようです。以降、Z世代では「遊び(ドライブ除く)」(62.2%)、「ドライブ(クルマでの遠出)」(53.0%)、「通勤・通学」(52.0%)、「旅行」(37.6%)が続き、X世代では「家族の送迎」(50.4%)、「遊び(ドライブ除く)」(47.0%)、「ドライブ(車での遠出)」(43.4%)、「通勤・通学」(42.2%)が続きました。
男女・世代別にみると、Z世代の女性では「遊び(ドライブ除く)」(67.6%)、X世代の男性では「旅行」(52.0%)、X世代の女性では「家族の送迎」(54.0%)がそれぞれ他の属性と比べて高くなりました。


  • ドライブでクルマを利用しているZ世代の49%が「パートナーとドライブを楽しむ」と回答
  • ドライブでクルマを利用しているX世代の79%が「10代・20代の頃、パートナーとドライブを楽しんでいた」と回答
ドライブ(クルマでの遠出)でクルマを利用しているZ世代(265名)に、ドライブを楽しむ相手(同乗者)を聞いたところ、「パートナー(恋人・配偶者)」(49.4%)が最も高くなり、「友人」(46.0%)、「親」(40.4%)、「兄弟姉妹」(21.5%)、「子」(15.8%)が続きました。
男女別にみると、男性では「一人」が16.7%と、女性(6.6%)と比べて10ポイント以上高くなりました。


X世代が現在のZ世代と同じくらいの年齢だった頃、誰と一緒にドライブを楽しんでいたのでしょうか。
ドライブ(クルマでの遠出)でクルマを利用しているX世代(217名)に、10代・20代の頃にドライブを楽しんでいた相手(同乗者)を聞いたところ、「パートナー(恋人・配偶者)」(78.8%)と「友人」(54.8%)が高くなり、「子」(19.8%)、「親」(18.4%)、「兄弟姉妹」(10.6%)が続きました。
男女別にみると、「友人」(男性49.6%、女性63.7%)と「親」(男性14.6%、女性25.0%)は、男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。
 

  • ドライブデートの行き先は? Z世代の1位は「ショッピングモール」、X世代が10代・20代の頃の1位は「海」
パートナーとのドライブデートについて質問しました。

パートナーとドライブ(クルマでの遠出)を楽しむZ世代(131名)に、ドライブデートでどこへ行くか聞いたところ、「ショッピングモール」(74.8%)が最も高くなりました。ショッピングやグルメ、アミューズメントなどをショッピングモールで楽しむZ世代が多いのではないでしょうか。次いで高くなったのは、「グルメスポット」(54.2%)、「温泉地」(44.3%)、「遊園地・テーマパーク」(43.5%)、「夜景スポット」「絶景スポット」「水族館」(いずれも42.7%)でした。

また、10代・20代の頃にパートナーとドライブ(クルマでの遠出)を楽しんだX世代(171名)に、その頃、ドライブデートでどこへ行っていたか聞いたところ、「海」(68.4%)が最も高くなりました。美しい風景を満喫できる海デートを楽しんでいたX世代が多いようです。次いで高くなったのは、「遊園地・テーマパーク」(62.0%)、「夜景スポット」(57.9%)、「絶景スポット」「ショッピングモール」(いずれも57.3%)でした。

Z世代とX世代の回答を比較すると、「海」(Z世代38.9%、X世代68.4%)、「遊園地・テーマパーク」(Z世代43.5%、X世代62.0%)、「山」(Z世代26.7%、X世代43.3%)、「夜景スポット」(Z世代42.7%、X世代57.9%)は、Z世代と比べてX世代のほうが15ポイント以上高くなりました。他方、「ショッピングモール」(Z世代74.8%、X世代57.3%)は、X世代と比べてZ世代のほうが15ポイント以上高くなりました。


  • ドライブデートの際の準備 Z世代の2位は「天気予報の確認」、X世代が10代・20代の頃の2位は「音楽の用意」
    どちらの世代も1位は「ガソリン補充」
パートナーとドライブ(クルマでの遠出)を楽しむZ世代(131名)に、ドライブデートの際、どのような準備をしているか聞いたところ、「ガソリン補充」(61.1%)が最も高くなり、「天気予報の確認」(49.6%)、「ルートの確認」(45.0%)、「音楽の用意」(35.1%)、「車内清掃」(34.4%)が続きました。

また、10代・20代の頃にパートナーとドライブ(クルマでの遠出)を楽しんだX世代(171名)に、その頃、ドライブデートの際、どのような準備をしていたか聞いたところ、「ガソリン補充」(74.3%)が最も高くなり、「音楽の用意」(61.4%)、「ルートの確認」(60.8%)、「洗車」(52.0%)、「レジャースポットの確認」(50.3%)が続きました。

Z世代とX世代の回答を比較すると、「音楽の用意」(Z世代35.1%、X世代61.4%)や「洗車」(Z世代23.7%、X世代52.0%)は、Z世代と比べてX世代のほうが25ポイント以上高くなりました。X世代には、10代・20代の頃、CDやカセットテープを車内に持ち込んだり、クルマをピカピカに洗車したりして、デートに備えていた人が多いのではないでしょうか。


  • ドライブデート中、気持ちが冷めるデート相手の行動 Z世代・X世代ともに1位は「運転にケチをつける」
    Z世代とX世代の女性では「乱暴に運転する」が1位
ドライブデート中、相手への気持ちが冷めてしまうと思う、デート相手の行動や振る舞いを聞いたところ、Z世代(500名)では「運転にケチをつける」(43.4%)が最も高くなり、「乱暴に運転する」(40.0%)、「渋滞でイライラする」(37.8%)、「助手席でスマホばかりいじる」(27.2%)、「運転に対するねぎらいの言葉がない」(22.0%)が続きました。X世代(500名)では「運転にケチをつける」(54.4%)が最も高くなり、「乱暴に運転する」(48.0%)、「渋滞でイライラする」(43.8%)、「助手席でスマホばかりいじる」(34.6%)、「会話に乗ってこない」(28.0%)と、4位まではZ世代と同じ回答が挙げられました。
男女・世代別にみると、Z世代の女性とX世代の女性では「乱暴に運転する」(Z世代の女性54.8%、X世代の女性66.8%)が1位でした。運転が荒いと、落ち着いてデートを楽しめず、パートナーに対する印象も悪くなってしまうという女性が多いのではないでしょうか。


  • ドライブデートで運転したいクルマ Z世代・X世代ともに1位は「SUV」
    Z世代の2位は「軽自動車」、X世代の2位は「スポーツカー」
ドライブデートで運転したいクルマを聞いたところ、Z世代(500名)・X世代(500名)ともに「SUV」(Z世代28.8%、X世代24.2%)が最も高くなりました。
次いで高くなったのは、Z世代では「軽自動車」(14.6%)、「セダン」(14.4%)、「コンパクトカー」(12.8%)、「スポーツカー(スーパーカー除く)」(11.6%)、X世代では「スポーツカー(スーパーカー除く)」(18.8%)、「セダン」(17.8%)、「ミニバン」(16.0%)、「コンパクトカー」(13.8%)でした。
Z世代とX世代の回答を比較すると、「スポーツカー(スーパーカー除く)」(Z世代11.6%、X世代18.8%)は、Z世代と比べてX世代のほうが7.2ポイント高くなりました。スタイリッシュなスポーツカーでのドライブデートに憧れるX世代が多いのではないでしょうか。


  • ドライブデートで助手席に乗りたいクルマ Z世代・X世代ともに1位は「SUV」
    Z世代の2位は「セダン」、X世代の2位は「スポーツカー」
ドライブデートで助手席に乗りたいクルマを聞いたところ、Z世代(500名)・X世代(500名)ともに、「SUV」(Z世代27.6%、X世代22.4%)が最も高くなりました。車内が広く長時間のドライブでも疲れにくいSUVの助手席でパートナーとのドライブを楽しみたい人が多いようです。
次いで高くなったのは、Z世代では「セダン」(16.0%)、「スポーツカー(スーパーカー除く)」(11.4%)、「ミニバン」(10.4%)、「スーパーカー」(9.4%)でした。ドライブデートで運転したいクルマの回答で2位だった「軽自動車」は8位となりました。
他方、X世代では「スポーツカー(スーパーカー除く)」(17.4%)、「セダン」(17.2%)、「ミニバン」(13.8%)、「オープンカー」(11.6%)が続きました。


  • 友人とのドライブにかけてもいいと思う金額の平均 Z世代は5,013円/回、X世代は6,547円/回
  • ドライブデートにかけてもいいと思う金額の平均 Z世代は7,046円/回、X世代は11,477円/回
自分のクルマでドライブに行く場合の「1回のドライブにかけてもいいと思う金額」(ガソリン代・高速代・食事代など)について質問しました。

【友人とのドライブ】(1回)にかけてもいいと思う金額を聞いたところ、Z世代(500名)、X世代(500名)ともに「5,000円~10,000円未満」(Z世代28.8%、X世代38.0%)に多くの回答が集まりました。
平均はZ世代5,013円、X世代6,547円と、X世代のほうが1,534円高くなりました。


また、【ドライブデート】(1回)にかけてもいいと思う金額を聞いたところ、Z世代では「5,000円~10,000円未満」(31.6%)、X世代では「10,000円~20,000円未満」(36.4%)に多くの回答が集まりました。
平均はZ世代7,046円、X世代11,477円と、X世代のほうが4,431円高くなりました。


  • 「免許取得後にマニュアル車を運転した経験がある」 Z世代の35%、X世代の77%
  • 「インロックした経験がある」 Z世代の20%、X世代の36%
  • 「マイカーに地図帳を積んだ経験がある」 Z世代の19%、X世代の67%
クルマの運転やマイカーの利用について質問しました。

バックする際、ミラーを見ることが多いか、バックモニターを見ることが多いか聞いたところ、Z世代(500名)では「ミラーを見ることが多い」が61.6%、「バックモニターを見ることが多い」が38.4%、X世代(500名)では「ミラーを見ることが多い」が65.6%、「バックモニターを見ることが多い」が34.4%となりました。
コンビニで駐車する際、前進で駐車することが多いか、バックで駐車することが多いか聞いたところ、Z世代では「前進で駐車することが多い」が35.0%、「バックで駐車することが多い」が65.0%、X世代では「前進で駐車することが多い」が41.6%、「バックで駐車することが多い」が58.4%となりました。
免許取得後にマニュアル車(MT車)を運転したことがあるか、ないか聞いたところ、Z世代では「ある」が35.2%、「ない」が64.8%、X世代では「ある」が77.4%、「ない」が22.6%と、世代で対照的な結果となりました。


また、インロック(車内にキーを残した状態でロックしてしまうこと)したことがあるか、ないか聞いたところ、Z世代では「ある」が19.8%、「ない」が80.2%、X世代では「ある」が35.6%、「ない」が64.4%となりました。
マイカーに地図帳を積んだことがあるか、ないか聞いたところ、Z世代では「ある」が19.0%、「ない」が81.0%、X世代では「ある」が67.0%、「ない」が33.0%と、世代で対照的な結果となりました。
マイカーを土足禁止にしたことがあるか、ないか聞いたところ、Z世代では「ある」が20.2%、「ない」が79.8%、X世代では「ある」が24.2%、「ない」が75.8%となりました。


  • “ドライブあるある” ドライブの際に行ったことがあるもの・経験したことがあるもの
    Z世代のTOP2は「パトカーの前を走行するときに緊張する」「海が見えた瞬間にテンションが上がる」、
    X世代のTOP2は「ドアを開ける際に静電気が起きる」「パトカーの前を走行するときに緊張する」
ドライブの際に行ったことがあるもの・経験したことがあるものを聞いたところ、Z世代(500名)では「パトカーの前を走行するときに緊張する」(29.2%)が最も高くなりました。何か違反をしているわけではないものの、パトカーが近くにいるとなぜか緊張してしまうという経験をしたZ世代が多いようです。次いで高くなったのは、「海が見えた瞬間にテンションが上がる」(26.0%)、「駐車場で駐車券が遠くて取れない」(25.2%)、「停めた場所を忘れる・わからなくなる」(23.0%)、「同じクルマを運転している人に親近感が湧く」「高速道路でセダンを見ると覆面パトカーではないかと思ってしまう」(いずれも22.8%)でした。
X世代(500名)では「ドアを開ける際に静電気が起きる」(53.4%)が最も高くなり、「パトカーの前を走行するときに緊張する」(44.4%)、「海が見えた瞬間にテンションが上がる」(39.6%)、「停めた場所を忘れる・わからなくなる」(38.6%)、「高速道路の合流時に緊張する」(37.6%)が続きました。


≪マイカーに関する意識・実態≫
  • マイカー選びでこだわるポイント Z世代の1位は「乗り心地」、X世代の1位は「燃費」
マイカー選びについて質問しました。

マイカー選びでこだわるポイントを聞いたところ、Z世代(500名)では「乗り心地」(37.0%)が最も高くなり、「燃費」(34.6%)、「外装デザイン」(32.6%)、「内装デザイン」(29.4%)、「ボディーカラー」(25.8%)が続き、X世代(500名)では「燃費」(56.6%)が最も高くなり、「乗り心地」(47.4%)、「ボディーカラー」(42.8%)、「外装デザイン」(41.8%)、「ボディータイプ」(39.2%)が続きました。
男女・世代別にみると、Z世代の男性とX世代の男性、X世代の女性では「燃費」(順に36.8%、52.0%、61.2%)が1位となったのに対し、Z世代の女性では「乗り心地」(43.2%)が1位となりました。


  • マイカー選びには欠かせないと思う情報源
    Z世代・X世代ともに1位「販売店・カー用品店のスタッフ」 2位「メーカーのホームページ」
    X世代の男性の1位は「メーカーのホームページ」、2位は「カタログ・パンフレット」
次に、マイカー選びには欠かせないと思う情報源を聞いたところ、Z世代(500名)・X世代(500名)ともに1位「販売店・カー用品店のスタッフ」(順に26.0%、34.2%)、2位「メーカーのホームページ」(20.6%、33.6%)となり、Z世代では3位「自動車専門サイト」「家族」(いずれも19.8%)、5位「友人・知人」(18.4%)、X世代では3位「カタログ・パンフレット」(32.6%)、4位「家族」(23.2%)、5位「自動車専門サイト」(18.8%)と続きました。
男女・世代別にみると、X世代の男性では「メーカーのホームページ」(37.2%)が1位、「カタログ・パンフレット」(35.6%)が2位でした。


  • マイカーには欠かせないと思う装備 Z世代・X世代ともに1位「カーナビ」 2位「ETC」
    X世代の女性では「ドライブレコーダー」が2位
また、マイカーには欠かせないと思う装備を聞いたところ、Z世代(500名)・X世代(500名)ともに1位「カーナビ」(順に43.2%、66.4%)、2位「ETC」(41.6%、55.0%)となり、Z世代では3位「バックモニター」(33.2%)、4位「ドライブレコーダー」(31.4%)、5位「ディスプレイオーディオ(スマホアプリを表示・操作できるモニター)」(17.2%)、X世代では3位「ドライブレコーダー」(51.6%)、4位「バックモニター」(47.6%)、5位「シートヒーター」(19.0%)と続きました。
男女・世代別にみると、X世代の女性では、ドライブレコーダー(56.4%)が2位でした。X世代の女性には、事故やトラブルの記録、危険運転の抑止などに役立つドライブレコーダーをマストアイテムと考える人が多いようです。


  • 「マイカーをカスタマイズしたことがある」X世代の男性の42%
クルマのカスタマイズについて質問しました。
まず、マイカーをカスタマイズしたことがあるか聞いたところ、Z世代(500名)では「したことがある」が21.8%、「したことはないが、今後したい」が31.0%となり、X世代(500名)では「したことがある」が28.4%、「したことはないが、今後したい」が14.6%となりました。
男女・世代別にみると、「したことがある」と回答した人の割合は、X世代の男性(42.4%)が突出して高くなりました。


  • これまでに行ったことがあるカスタマイズ Z世代のTOP2は「ドライブレコーダー装着」「ホイール交換」、
    X世代のTOP2は「ホイール交換」「ステアリング交換・ステアリングカバー装着」
マイカーをカスタマイズしたことがある人に、これまでに行ったことがあるクルマのカスタマイズを聞いたところ、Z世代(109名)では1位「ドライブレコーダー装着」(36.7%)、2位「ホイール交換」(33.9%)、3位「エアロパーツ装着」(28.4%)、4位「マフラー交換」(27.5%)、5位「ホイールのインチアップ・インチダウン」「ホーン交換」「車内灯交換」(いずれも26.6%)、X世代(142名)では1位「ホイール交換」(64.8%)、2位「ステアリング交換・ステアリングカバー装着」(48.6%)、3位「ホーン交換」(47.9%)、4位「ホイールのインチアップ・インチダウン」(46.5%)、5位「ドライブレコーダー装着」「エアロパーツ装着」(いずれも45.1%)となりました。


  • 今後行いたいカスタマイズ Z世代のTOP2は「カーナビ交換」「ドライブレコーダー装着」、
    X世代のTOP2は「ドライブレコーダー装着」「ホイール交換
今後マイカーをカスタマイズしたい人に、行いたいと思うクルマのカスタマイズを聞いたところ、Z世代(155名)では1位「カーナビ交換」(18.7%)、2位「ドライブレコーダー装着」(18.1%)、3位「ホイール交換」(17.4%)、4位「シートカバー装着」(12.9%)、5位「ホイールのインチアップ・インチダウン」「エアロパーツ装着」「マフラー交換」(いずれも10.3%)、X世代(73名)では1位「ドライブレコーダー装着」(37.0%)、2位「ホイール交換」(28.8%)、3位「カーナビ交換」(26.0%)、4位「オーディオユニット・スピーカー交換」(17.8%)、5位「シートカバー装着」(16.4%)となりました。


  • 「“タコメーター”というクルマの用語を聞いたことがない」Z世代の38%
  • 「“エンコ”というクルマの用語を聞いたことがない」Z世代の62%
クルマの用語を提示し、それぞれ聞いたことがあるか質問しました。
結果をみると、エンジンの回転数を測定する計器を意味する【タコメーター】については、Z世代(500名)では「聞いたことがある」が62.2%、「聞いたことはない」が37.8%、X世代(500名)では「聞いたことがある」が92.2%、「聞いたことはない」が7.8%となりました。現在はAT車が主流となっているため、Z世代には、運転席で実際に目にしていても、注意を払っていないという人が多いのではないでしょうか。
タイヤのトレッド面に金属のピンを打ち込んだタイヤである【スパイクタイヤ】については、Z世代では「聞いたことがある」が56.0%、「聞いたことはない」が44.0%、X世代では「聞いたことがある」が92.2%、「聞いたことはない」が7.8%となりました。
車高を極端に下げる改造方法を意味する【シャコタン】については、Z世代では「聞いたことがある」が67.0%、「聞いたことはない」が33.0%、X世代では「聞いたことがある」が93.4%、「聞いたことはない」が6.6%となりました。


エンジン故障を意味する【エンコ】については、Z世代では「聞いたことがある」が38.4%、「聞いたことはない」が61.6%、X世代では「聞いたことがある」が68.0%、「聞いたことはない」が32.0%となりました。
上流階級向けのクルマを意味する【ハイソカー】については、Z世代では「聞いたことがある」が32.8%、「聞いたことはない」が67.2%、X世代では「聞いたことがある」が45.4%、「聞いたことはない」が54.6%となりました。
MT車のドライビングテクニックである【ヒール&トゥ】については、Z世代では「聞いたことがある」が38.4%、「聞いたことはない」が61.6%、X世代では「聞いたことがある」が44.6%、「聞いたことはない」が55.4%となりました。



≪クルマ・ドライブとエンタメ≫
  • 一緒にドライブしたい芸能人 Z世代の男性回答1位「広瀬すずさん」、Z世代の女性回答1位「平野紫耀さん」、
    X世代の男性回答1位「綾瀬はるかさん」、X世代の女性回答1位「明石家さんまさん」
  • ドライブデートで聞きたい曲 Z世代の1位「怪獣の花唄」、X世代の1位「中央フリーウェイ」
  • “クルマ好き”のイメージがある芸能人 Z世代・X世代ともに1位は「所ジョージさん」
最後に、クルマやドライブをテーマに、イメージに合う芸能人や曲について質問しました。

一緒にドライブしたい芸能人を聞いたところ、Z世代の男性では1位「広瀬すずさん」、2位「橋本環奈さん」、3位「綾瀬はるかさん」、Z世代の女性では1位「平野紫耀さん」、2位「永野芽郁さん」「小栗旬さん」「松下洸平さん」「木村拓哉さん」「目黒蓮さん」、X世代の男性では1位「綾瀬はるかさん」、2位「広瀬すずさん」、3位「新垣結衣さん」、X世代の女性では1位「明石家さんまさん」、2位「福山雅治さん」、3位「佐藤健さん」「平野紫耀さん」となりました。


ドライブデートで聞きたい曲を聞いたところ、Z世代では1位「怪獣の花唄(Vaundy)」、2位「夏色(ゆず)」「青と夏(Mrs. GREEN APPLE)」、X世代では1位「中央フリーウェイ(松任谷由実)」、2位「希望の轍(サザンオールスターズ)」、3位「TSUNAMI(サザンオールスターズ)」「きらり(藤井風)」となりました。


“クルマ好き”のイメージがある芸能人を聞いたところ、Z世代では1位「所ジョージさん」、2位「ヒロミさん」、3位「木村拓哉さん」、X世代では「所ジョージさん」がダントツ、2位「ヒロミさん」、3位「木村拓哉さん」となり、Z世代・X世代ともに同じ芸能人がTOP3に挙がりました。


■調査概要
調査タイトル:Z世代とX世代のクルマ・ドライブに関する意識・実態調査2024
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とするクルマを持っており、運転することがあるZ世代(1996年~2005年生まれ)とX世代(1960年~1979年生まれ)の男女
調査期間:2024年1月19日~1月22日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル(男女・各世代が均等になるように抽出)
実施機関:ネットエイジア株式会社


トピックスアイコン トピックス

新着プレスリリース

連合調べ 「“年収の壁”を理解していない」56.4%

日本労働組合総連合会

2024年05月14日 11時03分

PGF生命調べ 還暦以降の就労意向 「60歳以降も働きたい」働く還暦人の8割半 60歳を過ぎても働きたいと思う理由 1位「働かないと生活費が不足するから」

プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社

2024年05月09日 10時05分

スカパー! 調べ 「テレビ放送で新たな興味を発見」72%が経験

スカパーJSAT株式会社

2024年04月25日 11時33分

スカパー! 調べ 子育て卒業後のエンタメの楽しみ方 「昔好きだったものを再度楽しみたい」74%、「新しく好きなものを見つけて楽しみたい」81%

スカパーJSAT株式会社

2024年04月23日 13時12分

ジブラルタ生命調べ 今年、応援したいアスリート 男性アスリートでは「大谷翔平さん」がダントツ、女性アスリートでは1位「平野美宇さん」

ジブラルタ生命保険株式会社

2024年04月19日 14時39分

ソニー生命調べ 目標にしたい先輩のイメージに合う男性有名人 1位「大谷翔平さん」2位「櫻井翔さん」

ソニ-生命保険株式会社

2024年04月18日 15時02分

マルハニチロ調べ 回転寿司店でよく食べるネタ 「サーモン」が13年連続1位

マルハニチロ株式会社

2024年03月25日 13時05分

スカパーJSAT調べ 「宇宙ごみが問題になっていること」の認知率は59%

スカパーJSAT株式会社

2024年03月25日 11時25分

ソニー損保調べ はじめてのマイカーに選んだ車 1位「N-BOX」2位「タント」3位「アクア」 男性回答1位「フィット」、女性回答1位「N-BOX」「タント」

ソニー損害保険株式会社

2024年03月19日 10時28分

ILACY(アイラシイ)調べ 紫外線対策サプリメントの購入にかけてもよいと思う金額 平均は1,152円/月、10代女性では1,284円/月

株式会社アドバンスト・メディカル・ケア

2024年03月14日 11時11分

ソニー生命調べ 小学生から社会人になるまでに必要な教育資金 平均予想金額は1,439万円、調査開始以来の最高額を再び更新する結果に

ソニ-生命保険株式会社

2024年03月12日 15時01分

連合調べ 「“ワークルール検定”を知っている」19.8% 知ったきっかけ 1位「SNSを見て」2位「会社もしくは職場の人に勧められて」

日本労働組合総連合会

2024年03月07日 11時02分

学研教育総合研究所調べ 受験する高校を選ぶ際に重視したいこと 1位「自宅からの距離」2位「偏差値」3位「学校の教育方針」 子ども自身の回答では「部活動」、保護者の回答では「学費」が4位

株式会社学研ホールディングス

2024年02月29日 12時32分

ホンダアクセス調べ ドライブデートで聞きたい曲 Z世代の1位「怪獣の花唄」、X世代の1位「中央フリーウェイ」

株式会社ホンダアクセス

2024年02月29日 11時36分

スパークス・アセット・マネジメント調べ 「資産所得倍増プランによって日本の経済が活性化する」と投資家の54%が予想

スパークス・アセット・マネジメント株式会社

2024年02月13日 10時03分