Loading...
サムネイル画像

ホンダアクセス調べ 「車中泊をしたことがある」39%、20代男性では53% これまでに車中泊をした回数 車中泊経験者の平均は9.1回

自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1,000人に聞いた「秋レジャーと車中泊に関する調査2023」

株式会社ホンダアクセス

Honda車をさらに魅力的・快適・安全にする純正アクセサリーを提供している株式会社ホンダアクセス(所在地:埼玉県新座市)は、自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1,000人に対し「秋レジャーと車中泊に関する調査2023」をインターネットリサーチで実施しました。(調査日:2023年9月14日~9月15日、調査協力機関:ネットエイジア株式会社)


[調査結果]

≪今年の秋のレジャー≫

  • 今年の秋はどのような秋にしたい? 1位「食欲の秋」 2位「行楽の秋」 3位「ドライブの秋」

自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1,000名(全回答者)に、今年の秋のレジャーについて質問しました。

はじめに、全回答者(1,000名)に、今年の秋はどのような秋にしたいと思うか聞いたところ、「食欲の秋」(48.9%)が最も高くなり、「行楽の秋」(33.1%)、「ドライブの秋」(26.4%)、「スポーツの秋」(23.1%)、「睡眠の秋」(17.5%)が続きました。秋が旬の食べ物を楽しみたいと思う人が多いようです。
男女・年代別にみると、20代男性では「ドライブの秋」(40.0%)、「スポーツの秋」(39.0%)、「睡眠の秋」(28.0%)、「勉強の秋」(19.0%)、30代女性では「食欲の秋」(59.0%)が全体と比べて10ポイント以上高くなりました。また、60代男性・60代女性では「行楽の秋」(順に37.0%、43.0%)が1位でした。



  • 今年の秋レジャーの予算 平均は28,265円/回、昨年と同水準に

次に、今年の秋レジャーの予算(1回あたり)を聞いたところ、「1万円~3万円未満」(31.3%)に多くの回答が集まり、平均は28,265円でした。
過去の調査結果(※)と比較すると、平均は2020年10,080円→2021年19,115円→2022年28,023円→2023年28,265円と、一昨年から昨年にかけては8,908円増加し、昨年から今年にかけては大きな変化はありませんでした。2021年10月以降、新型コロナ感染拡大防止のための行動制限が順次緩和されていくなかで、レジャーへの消費意欲は段階的に回復し、今年の秋は昨年と同水準の高さで推移しているようです。
※『秋レジャーと車中泊に関する調査2022』(2022年10月6日発表)
『秋レジャーと車中泊に関する調査2021』(2021年10月28日発表)
『秋レジャーと交通安全に関する調査2020』(2020年10月23日発表)



  • 「今年の秋レジャーでは観光・体験にかける費用を昨年より増やしたい」57%

全回答者(1,000名)に、秋レジャーにおける【観光・体験】【食事】【宿泊】【お土産】について、昨年より費用を増やしたいと思うか、減らしたいと思うか聞きました。
【観光・体験】では、費用を「増やしたい」は56.5%、「減らしたい」は6.0%、「昨年と同じ程度」は37.5%となりました。今年の秋は、名所旧跡やテーマパークなど人気の観光スポットを訪れたり、コロナ禍では敬遠しがちだったリアルな場や体験を楽しめるアクティビティを満喫したりしたい人が多いのではないでしょうか。
【食事】では費用を「増やしたい」は51.0%、「減らしたい」は8.4%、「昨年と同じ程度」は40.6%、【宿泊】では費用を「増やしたい」は45.1%、「減らしたい」は9.2%、「昨年と同じ程度」は45.7%、【お土産】では「増やしたい」は36.0%、「減らしたい」は13.4%、「昨年と同じ程度」は50.6%となりました。



  • 今年の秋にクルマで行きたいと思うレジャー TOP3は「食べ歩き」「温泉街散策」「紅葉狩り」
    20代男性では「バーベキュー」「キャンプ」「登山・ハイキング」も人気

全回答者(1,000名)に、今年の秋にクルマで行きたいと思うレジャーを聞いたところ、「食べ歩き」(45.2%)が最も高くなりました。秋の味覚を堪能するレジャーを楽しみたいと思う人が多いのではないでしょうか。次いで高くなったのは、「温泉街散策」(41.8%)、「紅葉狩り」(33.8%)、「テーマパーク・遊園地」(27.2%)、「神社仏閣・城見学」(26.0%)でした。
男女・年代別にみると、20代男性では「バーベキュー」(33.0%)と「キャンプ」(27.0%)、「登山・ハイキング」(28.0%)が全体と比べて10ポイント以上高くなりました。20代男性には、秋の清々しい空の下で、アウトドアアクティビティを満喫したいと思う人が多いようです。



  • 今年の秋に行きたい紅葉狩りスポット 1位「日光」 2位「香嵐渓」 3位「嵐山」 4位「箱根」

全回答者(1,000名)に、今年の秋に行きたいと思う紅葉狩りスポットを聞いたところ、1位「日光(栃木県)」、2位「香嵐渓(愛知県)」、3位「嵐山(京都府)」、4位「箱根(神奈川県)」、5位「厳島(宮島)(広島県)」となりました。いろは坂や中禅寺湖、華厳の滝など、紅葉の名所が多数存在する日光や、色づいた木々が川面に映る風景が美しい香嵐渓、美しい自然と日本の伝統文化との調和を感じられる嵐山といったスポットが人気のようです。



≪愛犬とのレジャーに関する意識・実態≫

  • 「愛犬を連れてレジャーに行ったことがある」犬を飼ったことがある人の42%
  • 「今秋、愛犬を連れてレジャーに行きたい」犬を飼っている人の74%

愛犬とのレジャーについて質問しました。

これまでに犬を飼ったことがある人(489名)に、愛犬を連れてレジャーに行ったことがあるか聞いたところ、「ある」は42.1%、「ない」は57.9%となりました。
年代別にみると、愛犬を連れてレジャーに行ったことがある人の割合は、20代(61.4%)が最も高くなりました。



現在、犬を飼っている人(180名)に、今年の秋に愛犬を連れてレジャーに行きたいと思うか聞いたところ、「そう思う」は73.9%となりました。今秋、愛犬とのお出かけを楽しみたいと考えている愛犬家が多いようです。



  • 愛犬とのレジャーで愛犬のために気をつけたこと TOP3は「トイレ」「水分補給」「暑さ・寒さ対策」

これまでに愛犬とレジャーに行ったことがある人(206名)に、愛犬を連れてのレジャーで、愛犬のために気をつけたことを聞いたところ、「トイレ」(59.7%)が最も高くなりました。次いで高くなったのは、「水分補給」(49.5%)、「暑さ・寒さ対策」(45.1%)、「移動距離」(42.2%)、「休憩タイミング」(41.7%)でした。水分不足や暑さ・寒さ、長距離の移動、疲労蓄積などで、愛犬に過度なストレスや負担がかからないように配慮していた人が多いようです。
男女別にみると、「休憩タイミング」(男性34.7%、女性47.7%)は男性と比べて女性のほうが13.0ポイント高くなりました。



  • 「愛犬を連れてお泊まり旅行をしたことがある」犬を飼ったことがある人の26%
  • 愛犬とのお泊まり旅行で宿泊先を決める際に重視したこと
    1位「愛犬と一緒に寝られる」 2位「愛犬を共用スペースに連れて行ける」 3位「ドッグランがある」

これまでに犬を飼ったことがある人(489名)に、愛犬を連れてお泊まり旅行をしたことがあるか聞いたところ、「ある」は25.6%と、愛犬家の4人に1人が愛犬とのお泊まり旅行を経験していることが明らかになりました。
年代別にみると、愛犬を連れてお泊まり旅行をしたことがある人の割合は、20代(43.4%)が最も高くなりました。



これまでに愛犬とお泊まり旅行をしたことがある人(125名)に、愛犬とのお泊まり旅行で宿泊先を決める際、重視したことを聞いたところ、「愛犬と一緒に寝られる」(51.2%)が最も高くなり、「愛犬を共用スペースに連れて行ける」(40.8%)、「ドッグランがある」(40.0%)、「宿泊料金が手ごろ」(37.6%)、「愛犬と客室で食事できる」(32.0%)が続きました。
男女別にみると、「愛犬と客室で食事できる」(男性27.3%、女性37.3%)、「部屋から外に出やすい」(男性25.8%、女性37.3%)、「愛犬とレストランで食事できる」(男性21.2%、女性32.2%)は男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。女性愛犬家には、愛犬と一緒に食事ができることや外出のしやすさを重視して、宿泊先を選んだ人が多いようです。



≪車中泊に関する意識・実態≫

  • 「車中泊をしたことがある」39%、20代男性では53%
  • これまでに車中泊をした回数 車中泊経験者の平均は9.1回

車中泊について質問しました。

全回答者(1,000名)に、これまでに車中泊をしたことがあるか聞いたところ、「したことがある」は39.2%、「したことはない」は60.8%となりました。
男女・年代別にみると、車中泊をしたことがある人の割合は、男性では20代(53.0%)、女性では50代(39.0%)が最も高くなりました。



これまでに車中泊をしたことがある人(392名)に、これまでに車中泊を何回くらいしたことがあるか聞いたところ、「1~2回」(39.5%)に多くの回答が集まり、平均は9.1回でした。また、車中泊を10回以上経験した人は19.7%と、5人に1人でした。



  • 「今後も車中泊をしたい」車中泊経験者の42%、20代車中泊経験者では56%
  • 車中泊の際に車内で行ったことがあること TOP5は「食事」「動画鑑賞」「音楽鑑賞」「ゲーム」「SNS投稿」
    20代車中泊経験者の17%が「仕事」と回答

これまでに車中泊をしたことがある人(392名)に、今後も車中泊をしたいと思うか聞いたところ、「非常にしたいと思う」の15.6%、「まあしたいと思う」の26.5%を合わせて、『したいと思う(計)』は42.1%となりました。
男女別にみると、『したいと思う(計)』の割合は、男性では45.9%と、女性(36.6%)と比べて9.3ポイント高くなりました。
年代別にみると、『したいと思う(計)』の割合は、20代(55.6%)が最も高くなりました。



車中泊の際に、車内で行ったことがあること(睡眠以外で)を聞いたところ、「食事」(53.1%)が最も高くなり、「動画鑑賞」(32.4%)、「音楽鑑賞」(30.6%)、「ゲーム」(28.1%)、「SNS投稿」(16.3%)が続きました。クルマの中でスマホやタブレットなどを使い、動画や音楽、ゲーム、SNSを楽しんでいる人が多いのではないでしょうか。
年代別にみると、20代では「SNS投稿」(30.9%)が全体と比べて10ポイント以上高くなり、「仕事」(17.3%)が他の年代と比べて高くなりました。20代車中泊経験者には、クルマの中を仕事場にする“車中泊ノマドワーカー”が少なくないようです。30代では「動画鑑賞」(44.0%)と「ゲーム」(47.6%)が全体と比べて10ポイント以上高くなりました。



  • 車中泊の際に経験したこと 1位「朝起きると体が痛い」 2位「暑さ・寒さで目が覚める」 3位「窓を開けるか悩む」
    「周りの音が気になり眠れない」「車内に虫が入ってきて焦る」「荷物が多すぎて寝るスペースが狭くなる」「他の車中泊者の装備に目がいく」といった回答も

これまでに車中泊をしたことがある人(392名)に、車中泊の際に経験したことを聞いたところ、「朝起きると体が痛い」(48.0%)と「暑さ・寒さで目が覚める」(39.0%)が高くなりました。普段とは違う環境で睡眠をとったことによって、体の痛みや暑さ、寒さを感じた人が多い結果となりました。次いで、「窓を開けるかどうか悩む」(24.2%)、「車中泊できる場所がなかなか見つからない」(19.4%)、「周りの音が気になり眠れない」(19.1%)となり、換気のために窓を開けるべきか、防犯のために閉めるべきかと悩んだ人や、場所探しに時間がかかった人、周囲の音が睡眠の妨げになった人が少なくない実状が明らかになりました。また、「車内に虫が入ってきて焦る」(17.1%)、「車内についた食べ物のにおいがとれなくなる」(8.4%)といった思わぬ事態に見舞われた人や、「荷物が多すぎて寝るスペースが狭くなる」(16.1%)、「他の車中泊者の装備に目がいく」(9.9%)、「目的地で車中泊道具がないことに気づく」(6.9%)といった持ち物・装備に関する経験をした人も見られました。



  • 車中泊経験者が車中泊の際に気をつけていること
    TOP3は「車内にいるときもドアをロックする」「近くにトイレがあるか確認する」「暑さ対策・寒さ対策を忘れない」
  • 車中泊でどのようにして寝たことがある? 「運転席・助手席で背もたれを倒して」62%
    車中泊経験10回以上の人では「フルフラット・荷室でマット・マットレスを敷いて」が40%

これまでに車中泊をしたことがある人(392名)に、車中泊をする際に気をつけていることを聞いたところ、「車内にいるときもドアをロックする」(54.3%)が最も高くなり、「近くにトイレがあるか確認する」(53.8%)、「暑さ対策・寒さ対策を忘れない」(50.5%)、「外から車内が見えないようにする」(47.4%)、「エンジンをかけっぱなしにしない」(44.6%)が続きました。防犯対策や場所探し、防暑・防寒といった点だけでなく、車中泊マナーに留意している人が多いようです。



車中泊の際、どのようにして寝たことがあるか聞いたところ、「運転席・助手席で背もたれを倒して」は61.7%、「後部座席で横になって」は32.4%、「フルフラットにして(マット・マットレスは使わない)」は31.9%、「フルフラット・荷室でマット・マットレスを敷いて」は21.7%、「ベッド(ベッドキット含む)で」は3.8%となりました。
車中泊の経験回数別にみると、車中泊経験回数10回以上の人では、「フルフラットにして(マット・マットレスは使わない)」(45.5%)と「フルフラット・荷室でマット・マットレスを敷いて」(40.3%)がいずれも4割以上となりました。


  

  • 車中泊経験者が挙げる車中泊の必須アイテムは?
    1位「ブランケット」 2位「スマートフォン充電ケーブル」 3位「クッション」 4位「カーテン・プライバシーシェード」
    車中泊経験10回以上の人では「マット・エアマット」も高い割合に

これまでに車中泊をしたことがある人(392名)に、車中泊をする際に欠かせないと思うアイテムを聞いたところ、「ブランケット」(46.4%)が最も高くなり、「スマートフォン充電ケーブル」(41.6%)、「クッション」(33.2%)、「カーテン・プライバシーシェード」(27.8%)、「クーラーボックス」(27.0%)が続きました。
車中泊の経験回数別にみると、車中泊経験回数10回以上の人では、「クッション」(49.4%)、「カーテン・プライバシーシェード」(45.5%)、「クーラーボックス」(46.8%)、「マット・エアマット」(36.4%)が全体と比べて15ポイント以上高くなり、車内での座り心地・寝心地向上やプライバシー確保、食材・飲み物の保冷のためのグッズを必需品と考えている人が多いようです。



≪秋レジャー・愛犬とのドライブと芸能人≫

  • 一緒に紅葉狩りに行きたい芸能人 男性回答1位「綾瀬はるかさん」、女性回答1位「目黒蓮さん」
  • 一緒に食べ歩きを楽しみたい芸能人 男性回答、女性回答とも「ギャル曽根さん」が1位に

最後に、秋レジャーや愛犬とのドライブをテーマに、イメージに合う芸能人について質問しました。

全回答者(1,000名)に、一緒に紅葉狩りに行きたい芸能人を聞いたところ、男性回答では1位「綾瀬はるかさん」、2位「浜辺美波さん」、3位「有村架純さん」となりました。明るい笑顔が印象的な綾瀬はるかさんと一緒に、鮮やかに色づく秋の風景を観賞したいと思う人が多いのではないでしょうか。女性回答では1位「目黒蓮さん」、2位「佐藤健さん」、3位「大泉洋さん」「平野紫耀さん」となりました。



一緒に食べ歩きを楽しみたい芸能人を聞いたところ、男性、女性いずれの回答も1位は「ギャル曽根さん」でした。男性回答では2位「綾瀬はるかさん」、3位「広瀬すずさん」、女性回答では2位「水卜麻美さん」、3位「渡辺直美さん」と続きました。情報番組で朝ごはんを頬張る姿が印象的な水卜麻美さんと一緒に、おいしい料理を味わいたいと思う女性が少なくないようです。



  • 愛犬とのドライブが似合うと思う芸能人
    男性芸能人1位「木村拓哉さん」 2位「坂上忍さん」、女性芸能人1位「森泉さん」 2位「広瀬すずさん」

愛犬とのドライブが似合うと思う芸能人を聞いたところ、男性芸能人では1位「木村拓哉さん」、2位「坂上忍さん」、3位「相葉雅紀さん」、女性芸能人では1位「森泉さん」、2位「広瀬すずさん」、3位「新垣結衣さん」となりました。SNSやテレビ番組で愛犬家ぶりを披露している芸能人が多く挙げられる結果となりました。



■調査概要

調査タイトル:秋レジャーと車中泊に関する調査2023

調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする自家用車を持っており、運転することがある20歳~69歳の男女

調査期間:2023年9月14日~9月15日

調査方法:インターネット調査

調査地域:全国

有効回答数:1,000サンプル(男女・各年代が均等になるように抽出)

実施機関:ネットエイジア株式会社



トピックスアイコン トピックス

新着プレスリリース

連合調べ 「“年収の壁”を理解していない」56.4%

日本労働組合総連合会

2024年05月14日 11時03分

PGF生命調べ 還暦以降の就労意向 「60歳以降も働きたい」働く還暦人の8割半 60歳を過ぎても働きたいと思う理由 1位「働かないと生活費が不足するから」

プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社

2024年05月09日 10時05分

スカパー! 調べ 「テレビ放送で新たな興味を発見」72%が経験

スカパーJSAT株式会社

2024年04月25日 11時33分

スカパー! 調べ 子育て卒業後のエンタメの楽しみ方 「昔好きだったものを再度楽しみたい」74%、「新しく好きなものを見つけて楽しみたい」81%

スカパーJSAT株式会社

2024年04月23日 13時12分

ジブラルタ生命調べ 今年、応援したいアスリート 男性アスリートでは「大谷翔平さん」がダントツ、女性アスリートでは1位「平野美宇さん」

ジブラルタ生命保険株式会社

2024年04月19日 14時39分

ソニー生命調べ 目標にしたい先輩のイメージに合う男性有名人 1位「大谷翔平さん」2位「櫻井翔さん」

ソニ-生命保険株式会社

2024年04月18日 15時02分

マルハニチロ調べ 回転寿司店でよく食べるネタ 「サーモン」が13年連続1位

マルハニチロ株式会社

2024年03月25日 13時05分

スカパーJSAT調べ 「宇宙ごみが問題になっていること」の認知率は59%

スカパーJSAT株式会社

2024年03月25日 11時25分

ソニー損保調べ はじめてのマイカーに選んだ車 1位「N-BOX」2位「タント」3位「アクア」 男性回答1位「フィット」、女性回答1位「N-BOX」「タント」

ソニー損害保険株式会社

2024年03月19日 10時28分

ILACY(アイラシイ)調べ 紫外線対策サプリメントの購入にかけてもよいと思う金額 平均は1,152円/月、10代女性では1,284円/月

株式会社アドバンスト・メディカル・ケア

2024年03月14日 11時11分

ソニー生命調べ 小学生から社会人になるまでに必要な教育資金 平均予想金額は1,439万円、調査開始以来の最高額を再び更新する結果に

ソニ-生命保険株式会社

2024年03月12日 15時01分

連合調べ 「“ワークルール検定”を知っている」19.8% 知ったきっかけ 1位「SNSを見て」2位「会社もしくは職場の人に勧められて」

日本労働組合総連合会

2024年03月07日 11時02分

学研教育総合研究所調べ 受験する高校を選ぶ際に重視したいこと 1位「自宅からの距離」2位「偏差値」3位「学校の教育方針」 子ども自身の回答では「部活動」、保護者の回答では「学費」が4位

株式会社学研ホールディングス

2024年02月29日 12時32分

ホンダアクセス調べ ドライブデートで聞きたい曲 Z世代の1位「怪獣の花唄」、X世代の1位「中央フリーウェイ」

株式会社ホンダアクセス

2024年02月29日 11時36分

スパークス・アセット・マネジメント調べ 「資産所得倍増プランによって日本の経済が活性化する」と投資家の54%が予想

スパークス・アセット・マネジメント株式会社

2024年02月13日 10時03分